2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

ミッキーカラーの新車両が登場 ディズニーモノレールで運行開始

新しく導入したモノレール車両((C)Disney)
新しく導入したモノレール車両((C)Disney)
内装はミッキーカラーで統一((C)Disney)
内装はミッキーカラーで統一((C)Disney)

 東京ディズニーリゾート(TDR・浦安市)の各施設を結ぶモノレール「ディズニーリゾートライン」で3日、新型車両の運行が始まった。2001年の開業以来初めてとなる新型車両の投入で、内装はミッキーマウスのイメージカラーで統一。従来よりミッキー形の窓を大きくするなど、さらに“ディズニーらしさ”を詰め込んだ。

 運行する舞浜リゾートラインによると、内装はミッキーをイメージした赤、黄、黒でデザイン。3種類の高さのつり革を備え、同社は「子どもから大人まで楽しめるようなレイアウト」としている。室内空間も拡張し、車いすやベビーカーが利用しやすいようバリアフリー設備を充実させた。

 新型車両は今年5月からの運行開始を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況に考慮して延期。感染対策として、乗客数を定員の3割程度に制限する。23年度末までに従来の車両と順次入れ替えを進める。

 同ラインはJR舞浜駅や東京ディズニーランド、ディズニーシー、ホテルなどTDRエリアを周回。両パークが臨時休園した2月末以降も「駅周辺施設を移動する利用者のため」(同社)として、最終列車の繰り上げや本数を減らすなどして運行を続けていた。


  • LINEで送る