成田LCCターミナルがグッドデザイン賞金賞 快適性に評価

 今年4月に開業した成田空港第3ターミナル=写真=が、商品や建築などの優れたデザインを表彰する本年度の「グッドデザイン賞」(日本デザイン振興会主催)の金賞に選ばれた。低予算ながら、デザインを工夫することで快適性を追求したことが評価された。

 格安航空会社(LCC)専用の同ターミナルは既存施設から離れており、床の一部に陸上トラック用の素材を使うことで、移動する利用者の足腰への負担を軽くする効果を狙った。

 また、寝ることもできる設計のソファを用意し、長い待ち時間を過ごす乗客に配慮。こうした点が審査委員から「従来の空港の概念を覆す価値がある」などと評価された。金賞には他に17点が選ばれた。


  • LINEで送る