魚食堂

写真・題字:安原直樹


三四郎の代わりに満足 アユ飯

  • LINEで送る

 明治の文豪・夏目漱石の小説『三四郎』に、主人公・小川三四郎が列車内で弁当を食べる冒頭シーンがある。前の停車場で買った弁当で、おかずはアユの煮びたし。あいにく三四郎は、たまたま乗り合わせた「九州 ・・・

【残り 667文字】