本の贈り物

■プロフィール
藤原あずみ イラストレーター。1958年長野県安曇野市生まれ。佐倉市在住。主な作品は「野あそびいっぱい 植物編」(萌文社、中山康夫著)、「お話とあそぼう」(一声社、末吉正子著)など。「第18回小さな童話大賞 山本容子賞」、「第9回ミツバチ絵本コンクール佳作」、「第48回千葉文学賞」など受賞。


「土と炎」 『モギ』

  • LINEで送る

 ムクゲの花が咲く頃、韓国を旅した。ムクゲは韓国では無窮花(ムグンファ)と呼ばれる。夏の間、次々と花をつけ咲き続ける。私は、この花をムクゲでなくついムグンファと呼びかけてしまう。旅の目的は、ハフェ村で仮面劇を見る事だった。ハフェ村は黄色い土塀が続く古い村。庭先のキムチ壺、放し飼いの鶏、畑で温まった小さな甘いまくわ瓜。そこにもたくさん無窮花が咲いていた。土埃が舞う円形劇場での仮面劇は、韓国の昔話の世界へと私たちを誘ってくれた。

 旅の間、通訳をしてくれた権さんとは年も近かったので話が弾んだ。イムジン河を眺めながら、徴兵制や韓国の風習について深い話ができた。でも、太平洋戦争の話だけはできなかった。楽しい旅に水を差したくない気持ちが働いたからだろう。口にしないと悔いが残りそうで、空港へ向かうタクシーの中で、日本人をどう思っているかと思い切って尋ねた。「嫌いです。おじいさんから、よく戦争中の話を聞かされたので」と、通訳をする時と同じ口調で答えが返ってきた。韓国は近いけれど、遠い国、と思わずにはいられなかった。だが、もっと語り合えたなら、嫌いの意味合いも違ったものになったはずだと信じている。嫌いだと言われたけれど、権さんも韓国も懐かしい。

 『モギ』は十二世紀の韓国の物語だ。主人公のモギは、孤児の男の子。足の不自由なトゥルミじいさんが、捨てられたモギを育ててくれた。二人は橋の下に住み、食べ物をゴミ捨て場から拾ってきてはその日を凌いでいる。極貧の暮らしなのに、モギは明るく朗らかだ。トゥルミじいさんは「いくら貧乏でも盗みと物乞いはしちゃならぬ」とモギに教える。そして、貧乏を笑い飛ばすユーモアと深い愛情で、モギを慈しむ。

 彼らが住んでいるチュルポの村は焼き物が盛んで、モギは、焼き物師のミン親方の仕事場をこっそりのぞくようになった。ある時、ミン親方が作った器を壊してしまい、代償として親方の手伝いをする事になる。ロクロが使えると思って喜ぶモギ。だが、言いつけられたのは、まき割りや粘土運び、粘土漉し、どれも厳しい仕事ばかり。それでもモギは、ロクロを廻せる日を夢見て頑張る。厳しいミン親方は何も教えてはくれず、きつい労働をねぎらってもくれない。やがて、モギの体と指先は、土が教えてくれる「仕上げ」の瞬間を覚えていく。.......

 【メモ】「モギ」リンダ=スー=パーク・あすなろ書房

本の贈り物のご意見・ご感想をこちらからお寄せください。
 ・・・

【残り 1151文字】