ちばシネマ


「罪の余白」 鴨川舞台の心理サスペンス 内野が女子高生と対決 【ちばシネマ】

  • 0
  • LINEで送る

 鴨川市内を中心に撮影された心理サスペンス。芦沢央(千葉大卒)のデビュー小説を、東葛映画祭に「妹-SISTER-」(2005年)を出品し喝采を浴びた大塚祐吉監督が映画化した。命をもてあそぶ女子高 ・・・

【残り 1114文字】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円のライトプランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン