ちばの選挙

【速報】千葉8区 桜田元五輪相が敗戦 「すべて私の責任」 立民・本庄氏が初当選確実

小選挙区で議席を失い、敗戦の弁を述べる桜田氏=31日、柏市
小選挙区で議席を失い、敗戦の弁を述べる桜田氏=31日、柏市
本庄知史氏
本庄知史氏

 第49回衆院選は31日、投開票が行われ、千葉8区は、立憲民主党新人で元副総理秘書官の本庄知史氏(47)が、自民党前職、元五輪相の桜田義孝氏(71)を破り初当選を確実とした。当選7回、大臣経験者の桜田氏が立民新人に大敗を喫した。桜田氏は支持者らに「このような結果になり、おわび申し上げる。全て私の責任」などと敗戦の弁を述べた。

 野党共闘で事実上の一騎打ちとなった8区。本庄氏は、岡田克也氏の秘書を19年務めた「即戦力」をアピールし序盤からリード。立民支持層のほか、候補擁立を取りやめた共産の支持層、無党派層にも浸透した。危機感を強める桜田氏は組織固めを急ぎ、菅義偉前首相も応援入りしたが、及ばなかった。


  • LINEで送る