ちばの選挙

千葉県知事選4日告示 8新人出馬へ コロナ禍で活動制約も

知事選への出馬を表明している7氏。(上段左から)関政幸氏、熊谷俊人氏、金光理恵氏、(下段左から)皆川真一郎氏、加藤健一郎氏、河合悠祐氏、平塚正幸氏
知事選への出馬を表明している7氏。(上段左から)関政幸氏、熊谷俊人氏、金光理恵氏、(下段左から)皆川真一郎氏、加藤健一郎氏、河合悠祐氏、平塚正幸氏

 任期満了に伴う千葉県知事選は4日に告示される。これまでに立候補を表明し事前審査を完了しているのは、自民党が推薦する県議の関政幸氏(41)、立憲民主党県議団支持などを受ける千葉市長の熊谷俊人氏(43)、共産党が推薦する党県西部地区役員の金光理恵氏(57)らいずれも新人の7氏。ほかに1氏が事前審査を終え、8新人で争われる見通し。新型コロナウイルスの影響で活動が制約され、各陣営はSNSを活用するなど工夫して臨む方針。投開票は21日。

 関氏は、自民党の県内国会議員・地方議員と連携して県全域をバランス良く回り、党支持団体の協力を取り付ける。新型コロナ対策を充実し「義務教育課程の給食費ゼロ」を掲げる。

 熊谷氏は、新型コロナ対策のため公務を優先。市長経験を踏まえ「県と市町村の連携を強化する」との方針を前面に打ち出す。幅広い支援を受けるため「県民党」で臨む。

 金光氏は、県内各地の主要駅で街頭活動を中心に展開。男女平等社会の実現を訴え、「県予算を医療・教育・福祉に重点配分」と主張。反戦・平和も主要テーマに位置付ける。

 このほか、元県立高校長の皆川真一郎氏(66)は「県内の教育水準を向上させる」、医師の加藤健一郎氏(71)は「県の危機管理を強化する」、人材紹介会社社長の河合悠祐氏(40)は「2期8年で、県内全域をテーマパーク化する」、政治団体代表の平塚正幸氏(39)は「マスクを外しワクチン拒否を」などと訴えている。また、政治団体代表の後藤輝樹氏(38)が事前審査を完了している。


  • LINEで送る