ちばの選挙

自民圧倒、千葉県内12勝 「郵政」以来12年ぶり 県都1区も奪還 【衆院選ちば2017】

  • LINEで送る

 第48回衆院選は22日、投開票され、千葉県内全13小選挙区は自民党が12勝1敗と圧勝した。公明党との選挙協力も機能して過去2回の11勝を上回り、2005年の「郵政選挙」以来の12勝。4区は、県内民進党系で唯一の無所属出馬となった野田佳彦前首相が死守した。民進からの合流組を含めて12人を擁立した希望の党は小選挙区の議席獲得はならず、1区と9区で比例復活当選。希望入りしなかった民進系らで挑んだ立憲民主党は共産党と共闘した6区で善戦し、比例復活の1議席を確保した。 ・・・

【残り 974文字、写真 1 枚】