ちばの選挙

投票用紙を誤交付 名簿の確認怠る 千葉市美浜区

  • 0
  • LINEで送る

 千葉市美浜区選挙管理委員会は22日、衆院選の投票で、市の選挙権のない市外の有権者1人に投票用紙を誤って交付したと発表した。すでに投函(とうかん)された投票は特定ができないことから、有効投票として扱われる可能性が高いという。

 区選管によると、投票に訪れたのは、市外選管が交付した不在者投票用紙などを持参した男性。午後4時25分ごろ、不在者投票用紙などを受け取った市職員が名簿との確認を怠り、市の投票用紙を交付して投票させた。同30分に区選管に報告があり発覚した。

 区選管では、通常の処理と異なる有権者が来場した場合には、投票前に区選管に連絡するよう、区内全投票所に周知したほか、名簿との確認をしていない投票を絶対にさせないよう、市内各投票所に連絡した。