ちばの選挙

協力解消を決定 維新西田代表「残念」 ちば参院選

 みんなの党の渡辺喜美代表は21日、国会内で記者会見し、日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長による従軍慰安婦発言などを受けて、同日の役員会で夏の参院選の選挙協力解消を決定したと発表した。維新との共闘を決めていた千葉選挙区(改選数3)も方針転換し、独自候補を擁立する予定。

 みんなの党の方針転換を受けて、維新の西田譲県総支部代表は千葉日報社の取材に「極めて残念」とした上で、県内の対応については「党の方針決定を待ちたい」とした。


  • LINEで送る