ちばの選挙

飯島氏が立候補表明 「行政に経営感覚を」 大多喜町長選

 任期満了に伴い今月19日告示、24日投開票される大多喜町長選に、元会社役員で新人の飯島勝美氏(65)=無所属=が4日、立候補を表明した。「地域経済が衰退しており、中小・零細企業家から出馬を後押しされた。行政に企業経営の感覚を入れて活性化させる」と意欲を語った。

 同町長選は同町議会議長で新人の野村賢一氏(63)=同=、元衆院議員秘書で新人の麻生剛氏(54)=同=も出馬を明らかにしており、新人同士による三つどもえ戦となりそうだ。現職で4期目の田嶋隆威氏(75)=同=は今期限りでの引退の意向を示している。


  • LINEで送る