「エコロジーとエコノミーの共存」のThink the Earthが電気料金の一部を寄付する「エネルギーファンディング」へ

  • LINEで送る

エネラボ株式会社
寄付付き電気料金プラン「エネルギーファンディング」を運営するエネラボ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:尾崎加代子)は、持続可能な社会の実現に貢献する一般社団法人Think the Earth(本社:東京都渋谷区、理事長 水野誠一)を掲載しました。Think the Earthへの寄付が、「エネルギーファンディング」を通じて可能になります。

 
 

■取り組みの概要
エネルギーファンディングは、「電気代そのまま!」で電気料金の一部を継続して寄付できるサービスとなります。寄付先として、社会貢献、SDGs活動団体など多数ある中で、Think the Earthの掲載を開始しました。
寄付金は、学校への出張授業や教材提供、学生が立ち上げたイベントの活動支援などに充てられます。
Think the Earth 掲載ページhttps://enefun.earth/project/78

一般社団法人Think the Earth
2001年の発足時から、環境や社会問題を「じぶんごと」化し、創造的に取り組む人や会社を増やしたいという想いで、さまざまなプロジェクトを創りだしてきました。
教育分野では出版活動を軸に教員や専門家、科学館等とのネットワークを構築。
2003年から、お金のこと、気候変動、水、食べものなど毎回テーマを変えた6冊のビジュアルブックを作り、全国の小・中・高等学校(4万5000校)に1冊ずつ寄贈。
2013年からの4年間、経済産業省と共に実施した再生可能エネルギー教育普及プロジェクトで、再エネについて楽しく、わかりやすく学べるビジュアルブック『グリーンパワーブック 再生可能エネルギー入門』をつくり、希望する小・中・高等学校およそ300校へ届けました。
そして、2015年のSDGs採択、2017年~18年の学習指導要領改訂を受け、教員やSDGs専門家等との対話を通じて「SDGs for School」プロジェクトが生まれました。
書籍『未来を変える目標 SDGsアイデアブック』は累計で希望する学校1000校へ寄贈しました。
公式HP:https://www.thinktheearth.net/jp/

■エネルギーファンディング
「エネルギーファンディング(R)︎」は、誰しもが毎月支払う電気料金の一部を、社会活動や誰かの夢・目標の支援(寄付)に変える仕組みです。電気料金や発電・送配電をはじめとする電気の品質は今までと変わらずに、手軽に継続した支援を行うことができます。サービススタート時には社会貢献活動団体など約100社が参画しており、好きな団体を選んで支援することが可能です。
 
「エネルギーファンディング(R)︎」公式サイト:https://enefun.earth/

 
特徴1.:電気料金そのままで一部を社会活動へ支援
毎月支払う電気料金は変わらずに、電気料金のうち5%を継続的に社会貢献活動や誰かの夢へ支援(寄付)できます。また、基本料金に上乗せをすることで、電気料金の約8%、約10%の支援をすることも可能です。

特徴2.:バリエーション豊かな支援先
支援先として、サービススタート時には約100社が参画しています。「こども・教育」や「環境保護」、「スポーツ」など多くのカテゴリーがあり、お好きな団体を選んで支援することができます。支援の進捗や成果はプロジェクトごとにある活動ノートページで確認できます。

特徴3.:CO2ゼロの再生可能エネルギーの使用でSDGsへ貢献
提供プランには、使用電力の100%を再生可能エネルギーによって発電された電力にする「再エネおうえんプラン」も用意しています。「再エネおうえんプラン」はSDGsの項目にある「7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに」、「11. 住み続けられるまちづくりを」、「13. 気候変動に具体的対策を」の3つに該当します。「再エネおうえんプラン」の利用によって、よりクリーンで環境に優しく、電気利用者が快適に住み続けられる街づくりの実現を目指すことができます。
 

 
サービス名:「エネルギーファンディング(R)︎」
※商標登録済
料金:https://enefun.earth/price
お申し込み方法:https://enefun.earth/

支援を必要としている人はいるのに、寄付は手間や時間がかかり、継続するのが難しい
「エネルギーファンディング(R)︎」はそんな課題から生まれました。
どこかに1度寄付をすることは可能でも、それを継続することは簡単ではありません。一方で、現在も多くの方がさまざまな形で支援を必要としています。「エネルギーファンディング(R)︎」では毎月当たり前に支払っている電気料金から支援ができるため、長期間にわたって支払う電気料金の一部を社会活動に活かすことができ、多くの誰かを応援して多くの課題に向き合うことができます。

エネラボ株式会社はエネルギー業界に新しい風を吹かすような、そんな「研究や実験」をリアルな電力会社を自ら運営しながら地域の電力の地産地消を実現し、新しいエネルギー社会を創ります。

 
【会社概要】
社名:エネラボ株式会社
所在地:<大阪本社>
〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜3−1−22 あいおいニッセイ同和損保淀屋橋ビル 9F
代表取締役:尾崎 加代子
設立:2016年11月
事業内容:電力の売買及び仲介事業
会社HP:https://enelab.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供