緊急避妊薬の試験販売開始 処方箋なしで購入可能に

薬局での試験販売が始まった緊急避妊薬=28日午前、東京都荒川区

 望まない妊娠を防ぐために性交後に服用する「緊急避妊薬(アフターピル)」について、医師の処方箋なしでの試験販売が28日始まった。日本薬剤師会は同日、全国145の販売薬局のリストを公開。準備の整った薬局から順次、購入できるようになる。

 試験販売は厚生労働省から業務委託を受けて調査研究として実施。各都道府県で2〜3薬局ずつ参加する。人口の多い東京、神奈川、大阪では店舗を多くした。購入を希望する場合は事前に電話連絡する。想定されている価格は7千〜9千円程度。

 研究への参加に同意する16歳以上が購入可能で、18歳未満は保護者の同伴と同意が必要となる。緊急避妊薬はノルレボ錠とジェネリック医薬品(後発薬)のレボノルゲストレル錠。性交後72時間以内に飲むと妊娠を高確率で回避できる。

 薬剤師会は、購入方法などを掲載した公式サイトを開設した。

 武見敬三厚労相は閣議後の会見で「必要な人に適切にアクセス可能となるよう検討する」と述べた。


  • LINEで送る