子ども食堂、昨年比1・6倍に 3700カ所、6校に一つ

  • LINEで送る

子ども食堂の調査結果を公表した支援団体の湯浅誠さん(右から2人目)ら=26日午後、東京都新宿区

 子どもに無料か低額で食事を提供する「子ども食堂」が全国で3700カ所を超え、昨年比で1・6倍に増えたとの調査結果を支援団体が26日、公表した。どれだけ普及しているかを表す指標として、小学校数に対する食堂数の割合(充足率)も算出。都道府県平均は17・3%で、小学校6校に食堂が1カ所ある計算となった。最も高い沖縄(60・5%)と最も低い秋田(5・5%)では大きな開きがあり、地域差も明らかになった。

 子ども食堂は地域のボランティアらが運営。低所得や親の帰宅が遅い家庭の子ども向けに2012年ごろ始まり、全国に広がったとされる。