脂肪吸引手術の美容外科医に有罪 女性死亡、東京地裁 

 東京都の品川美容外科池袋院で2009年、脂肪吸引手術を受けた女性をミスで死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた医師堀内康啓被告(39)に、東京地裁は20日、禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑禁錮2年6月)の判決を言い渡した。

 判決理由で鬼沢友直裁判長は「十分な注意を払わず漫然と危険な医療器具の操作を繰り返しており、過失は重大」と指摘。一方で被告が反省し、遺族と示談が成立している点などを考慮して刑の執行を猶予した。

 判決によると、堀内被告は09年12月、当時70歳の女性患者の手術で、誤って腹壁数カ所に穴を開けて腸を傷つけ、2日後に脱水症で死亡させた。


  • LINEで送る