ボート、武田・浦組ら決勝進出 五輪アジア予選 

男子軽量級ダブルスカル準決勝 1組1着で決勝に進出した武田(右)、浦組=忠州(共同)

 【忠州(韓国)共同】ボートのロンドン五輪アジア予選第3日は28日、韓国の忠州で行われ、男子軽量級ダブルスカルの武田大作(ダイキ)浦和重(NTT東日本)組は準決勝を1組1着で通過した。6艇による29日の決勝で3位以内に入れば五輪出場が決まる。

 女子シングルスカルでは榊原春奈(早大)が1組1着で決勝に進み、こちらは5位以内で五輪出場枠を得る。準決勝がなかった女子軽量級ダブルスカルの福本温子(明治安田生命)岩本亜希子(アイリスオーヤマ)組は決勝で3位以内に挑む。

 男子シングルスカルの西村好道(東レ滋賀)は1組5着で決勝に進めず、出場枠を逃した。


  • LINEで送る