【速報】専大松戸、初戦はセンバツ準優勝・明豊(大分)と対戦 第103回全国高校野球大会・組み合わせ抽選会

専大松戸―木更津総合 延長13回に吉岡(左から2人目)がサヨナラ満塁本塁打を放ち優勝を決めた専大松戸ナイン=ZOZOマリン
専大松戸―木更津総合 延長13回に吉岡(左から2人目)がサヨナラ満塁本塁打を放ち優勝を決めた専大松戸ナイン=ZOZOマリン
6年ぶり2度目の夏の甲子園に臨む専大松戸=7月21日、ZOZOマリン
6年ぶり2度目の夏の甲子園に臨む専大松戸=7月21日、ZOZOマリン

 第103回全国高校野球選手権大会(9日から17日間・甲子園)の組み合わせ抽選会が3日、オンライン形式で行われ、6年ぶり2度目出場の専大松戸は大会第4日(8月12日)の第2試合に登場し、1回戦で明豊(大分)と対戦することが決まった。

 専大松戸は深沢、岡本の両右腕を軸とした堅守を武器に千葉大会を制覇。今春の選抜大会にも初出場し、春夏連続の甲子園切符をつかんだ。5月には春季関東大会で初優勝している。

 明豊は今春の選抜大会準優勝。


  • LINEで送る