市船橋、初切符なるか 17連覇懸かる流経柏 千葉県高校ラグビーあす決勝

市船橋の心臓部・松橋(右)と関本(中央)=13日、柏の葉
市船橋の心臓部・松橋(右)と関本(中央)=13日、柏の葉
トライを決める流通経大柏・中島=13日、柏の葉
トライを決める流通経大柏・中島=13日、柏の葉

 第91回全国高校ラグビー千葉県大会最終日は19日正午から、柏の葉公園総合競技場で流通経大柏-市船橋の決勝が行われる。両校の決勝での対戦は5年連続。

 今季の対戦成績は1勝1敗。2月の新人戦決勝で市船橋が21-17で勝利し、流通経大柏の県内での連勝を131で止めた。5月の関東大会県予選で29-66と返り討ちに遭ったが、例年のような大きな力の差はない。

 市船橋は準決勝で、終盤に相手の猛攻を受けたが無失点。民辻竹弘監督は「粘り強く守った」と評価した。決勝での鍵も守備。相手の圧力に耐え、突破力のあるナンバー8松橋周平主将、走力は折り紙付きのWTB関本圭汰を中心に素早いパス回しで勝機をうかがう。

 対する流通経大柏は、らしさが見られない。FWで圧倒するシーンは少なく、攻め切れずに反則を犯してしまう悪循環で準決勝では反則8個。松井英幸監督は「ミスして自分たちで試合を壊している」と厳しい表情だった。


  • LINEで送る