第11日 西千葉 準々決勝(7月22日)の高校野球記事一覧 <第100回千葉大会>

  • LINEで送る

 第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会第11日は22日、千葉市稲毛区の県総合スポーツセンター野球場と柏市の柏の葉公園野球場で、西千葉の準々決勝4試合を行い、ベスト4が決まった。習志野、中央学院、東京学館浦安、市船橋が勝ち、24日に千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで行われる準決勝に進出した。

⇒学館浦安市船など4強

⇒市船須藤122球熱投 エース復活、続投直訴

市船橋―千葉商大付 6奪三振1四球2失点、122球で完投した市船橋・須藤=千葉県総合SC

⇒中央学院終盤に逆転 「積極走塁」強み発揮

⇒学館浦安、池田が完封 見せた3年生の意地

⇒進撃ついえ悔し涙 商大付・松戸

⇒習志野、西武台を圧倒 役割徹底、したたか速攻

習志野─西武台千葉 習志野2回裏無死一、三塁、佐藤の遊ゴロの間に鈴木が生還=千葉県総合SC
⇒最終弾は商大付・宮川

⇒八千代惜敗4強届かず

⇒2年生4番が全打点 東京学館浦安・池永

⇒“千葉の二刀流”マウンドへ 中央学院・大谷

⇒「エースを決勝へ」夢果たせず 四街道・佐々木、持永

⇒生まれ変わる球場を大掃除 試合終えた選手たち

球場改修前最後の試合を終え、床掃除をする千葉商大付の選手ら=千葉県総合SC

⇒初先発で1失点好投 習志野・佐藤

⇒打線好調7得点 中重復調、岩崎も貢献

⇒6失点に悔しさあふれ 西武台千葉・神野