第2日(7月12日)の高校野球記事一覧 <第100回千葉大会>

  • LINEで送る

 第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会第2日は12日、ZOZOマリンスタジアムなど10会場で、東千葉19、西千葉9の1回戦計28試合が行われた。

⇒惜敗もチームに誇り 失意から成長、けん引 市川東高北野主将 【100回目の夏 白球を追って】

⇒稲毛、逆転サヨナラ弾 津田沼、東海浦安下す

⇒元4番が公式戦初アーチ 稲毛・大和地

稲毛―横芝敬愛 9回裏稲毛2死三塁、逆転サヨナラ2ランを放った大和地(中央)を笑顔で迎えるナイン=ナスパ

⇒双子バッテリー 12年ぶり勝利つかむ 成田西陵 下村広幸・広晃

⇒“最後の夏”終わる 来年度統合の市原

⇒6年ぶり初戦突破 市銚子

⇒投打に活躍 暁星国際・児玉

⇒津田沼、東海浦安下す 背番号「16」大暴れ 関

津田沼―東海大浦安 6回表津田沼2死満塁、関が3点二塁打を放ちガッツポーズする=市川国府台

 

⇒投打でチームけん引 匝瑳・椎名晃

⇒「野球できて楽しかった」 東葛飾・峯苫主将

⇒2年ぶり出場で奮闘 行徳

⇒大敗に悔し涙 千城台

⇒強豪破るも「出来は20点」 敬愛学園