「与党に残り政策実現」 水野議員離党撤回

 民主党に離党届を提出していた県選出の水野智彦衆院議員(比例南関東、1期)は3日、離党届を撤回したことを明らかにし、千葉日報社の取材に「政府・与党に残り、医療関係の政策実現を目指す」と理由を説明した。

 離党届撤回に先立ち、水野議員は同日、小沢一郎元代表に会って撤回の意向を伝えた。「一緒にやっていくことをもう少し考えられないか」と慰留されたが、「最後は君の判断だ」と容認されたという。

 その後、輿石東幹事長に離党届撤回を伝えて「分かった」と了承され、離党届も破棄された。


  • LINEで送る