2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】午後7時以降の酒提供自粛を 森田知事が県内飲食店に要請 18日から5月6日

県内の飲食店に、午後7時以降の酒類提供自粛を要請した森田健作知事=17日、県庁
県内の飲食店に、午後7時以降の酒類提供自粛を要請した森田健作知事=17日、県庁

 森田健作知事は17日、新型コロナウイルスの感染防止に必要だとして、千葉県内の一般飲食店(レストランや居酒屋、喫茶店)に対し、きょう18日から、午後7時以降の夜間に酒類提供を自粛するよう要請した。緊急事態宣言に伴う追加措置で、期間は5月6日まで。営業自体の自粛は要請しない。

 県庁で記者説明した森田知事は、県内で16日に確認された感染者が58人に急増した上、多人数の飲酒を伴う会食でクラスター(感染者集団)が発生したことなどから「重く受け止め、より踏み込んだ措置を、今やるべきと判断した。飲食店の関係者には苦労と迷惑を掛けるが、ぜひ協力してほしい」と強調した。

 午後7時以降の酒類提供自粛要請は、本県と隣接する東京都や神奈川県などが既に実施しており、足並みをそろえた。

 都に隣接する東葛地域の市長らが、客が流れ込む恐れがあるとして本県でも実施するよう求めていた。

 本県では、バーやナイトクラブが休業要請を受けた一方、レストランや居酒屋は休業要請の対象外。県は、営業継続には万全の感染防止措置を取ることを求めている。

 県は16日、新型コロナの影響で売り上げが前年の半分以下になった中小企業・中小事業者に対し、最大30万円を支給する支援策を表明。業種は限定していないが、県の休業要請に応じない場合は対象外とする考えだ。県によると、酒類の自粛要請に応じない場合も、対象外とする方向で検討している。

 都は飲食店に対し、午後8時以降の営業自粛も要請している。森田知事は今後の状況次第では、本県でも同様の措置に踏み切る可能性を否定しなかった。


  • LINEで送る