【速報】木更津の圏央道で車12台玉突き、男女8人搬送

※写真はイメージ
※写真はイメージ

 27日午前8時5分ごろ、木更津市真里谷の圏央道内回りで「車10台ぐらいの事故で、負傷者が複数いる。霧がすごい」と事故関係者の男性から110番通報があった。乗用車と軽乗用車、ごみ収集車の計12台が絡む事故で、男女8人が病院に搬送された。いずれも命に別条はない。

 県警高速隊などによると、8人は20代男女5人と40代男性3人で、頭や胸を打撲しているという。現場は片側一車線の対面通行。事故当時、木更津市では濃霧注意報が発令されていた。同隊は、霧による視界不良が原因の可能性もあるとみて、詳しい事故原因を調べている。

 事故の影響で木更津東インターチェンジ(IC)―市原鶴舞IC間が内外回りで通行止めとなっていたが、同日午後1時に解除された。


  • 多数の車が絡む事故があった首都圏中央連絡自動車道の現場=27日午前11時37分、千葉県木更津市(共同通信社ヘリから)
  • 多数の車が絡む事故があった首都圏中央連絡自動車道の現場=27日午前11時38分、千葉県木更津市(共同通信社ヘリから)
  • LINEで送る