【新型コロナ詳報】千葉県内1605人感染 前週水曜から約3・5倍に増加 こども園や小学校でクラスター

 千葉県内で19日、1605人の新型コロナウイルス感染が新たに判明した。昨年8月16日(1607人)に次ぐ過去6番目の多さで、前週12日(465人)から約3・5倍に増えた。認定こども園や小学校でクラスター(感染者集団)が判明。死者の発表はない。

 県は1002人の感染を発表。匝瑳市の「九十九里ホーム飯倉駅前あかしあこども園」で園児5人、20代と40代の女性職員の感染が判明した。

 クラスターが発生した木更津市の障害福祉サービス事業所「オーシャンテラス」では、職員と利用者の計7人の陽性が新たに判明、計15人となった。

 千葉市は221人の感染を発表。いずれも軽症か無症状。花見川区の認定こども園で職員と園児の感染が確認され、これまでに判明した6人と合わせ計8人のクラスターとなった。21日まで休園。

 若葉区の市立小学校では児童3人の感染が判明、既に判明した職員、児童と合わせ8人のクラスターと認定。3人は同じクラスで、21日まで学級閉鎖。

 船橋市は今年最多の173人の感染を発表。重症者はいない。10代が33人で最も多い。クラスターが起きた陸上自衛隊習志野駐屯地で感染者が4人増え計33人に、県立船橋高では3人増え計12人となった。市民向け相談センターの電話受け付け時間を20日から午後7時まで2時間延長する。

 柏市は209人の感染を発表。市発表が200人を超えるのは初。軽症は185人、無症状は21人。ワクチン2回接種済みは113人。20代以下が約半数を占めた。

 市立田中小と市立大津ケ丘第一小でクラスター。両校とも感染経路は不明で、学級閉鎖している。田中小は児童7人、大津ケ丘第一小は児童12人が感染した。

 19日に感染が判明した人の居住地は、千葉市185人▽柏市184人▽船橋市179人▽市川市162人▽松戸市119人▽八千代市61人▽市原市60人▽浦安市55人▽流山市54人▽習志野市45人▽佐倉市43人▽我孫子市38人▽東金市31人▽野田市26人▽印西市25人▽成田市24人▽茂原市22人▽鎌ケ谷市21人▽木更津市、四街道市が各20人▽いすみ市18人▽君津市、勝浦市が各17人▽大網白里市16人▽八街市14人▽富里市、香取市、鴨川市が各11人▽一宮町10人▽銚子市、旭市が各9人▽袖ケ浦市、山武市、館山市が各8人▽栄町、横芝光町が各5人▽長生村4人▽匝瑳市、富津市、酒々井町が各3人▽南房総市、多古町、九十九里町、大多喜町、長南町、御宿町が各2人▽白井市、鋸南町、神崎町、白子町、睦沢町が各1人▽県外が24人だった。


  • LINEで送る