地方公務員の給与水準 芝山町が全国トップ、流山市、全国7位に

 国家公務員の給与を100とした場合の地方公務員の給与水準を示す「ラスパイレス指数」について、昨年4月1日現在の千葉県内市町村(政令市の千葉市を除く)の平均は「100・7」で、前年に続き国の水準を上回ったことが県のまとめで分かった。県内で最高の芝山町は「103・9」で、全国でも1位となった。県内で最も低かったのは96・1の御宿町。平均給与月額は、県内市町村の一般行政職で40万1100円だった。

 県は、千葉市を除く53市町村分を集計。国の水準を上回る「100以上」は30自治体(25市4町1村)で、前年より2減った。100未満は23自治体(11市12町)だった。県内市町村平均の100・7は、前年より0・1ポイント低くなった。

 芝山町に続く県内自治体の順位は、流山市が102・9で2位(全国7位)、木更津市と柏市が102・3で同率3位。木更津市は全国15位、柏市は58中核市のうち2位となった。

 芝山町の数値が高くなった理由について、県市町村課は「初任給が国より高く、高年齢層の職員のうち高卒者の割合が高いことが影響した」などと説明。前年の県内7位、全国23位から県内・全国1位になったことには「職員が98人と少ないので順位の変動が大きくなった」とみている。


  • LINEで送る

芝山町