コロナ患者発生届紛失 船橋市保健所

船橋市保健所が入る船橋市保健福祉センター=船橋市北本町
船橋市保健所が入る船橋市保健福祉センター=船橋市北本町

 船橋市保健所は8日、医療機関から提出された新型コロナ患者発生届1枚を紛失したと発表した。換気のため窓を開けた際、窓際に置いていた発生届24枚(24人分)が強風にあおられ、屋外に飛散。1枚だけ見つからなかった。患者の名前、住所、電話番号や症状、診断日などの個人情報が記載されている。

 同保健所によると、6日午前9時ごろ、同市北本町の保健所2階にある新型コロナ対策本部で、窓際に置いていた発生届が強風で飛散。敷地内外で23枚が見つかったが、1枚見つからず、同日夕に県警に紛失を届け出た。対象の患者に謝罪した。

 発生届はA4サイズ。届け出日ごとにひもで束ね、保存箱に入れるが、その作業の前に窓際の棚に仮置きしていた。今後は窓周辺にこうした書類を置かず、個人情報の保護意識も職員全体で徹底し、再発防止を図るという。


  • LINEで送る