熱中症で死亡か 車内に1歳女児を放置した疑いで母親逮捕 八千代署

八千代署
八千代署

  自宅駐車場で軽乗用車内に次女(1)を放置したとして、八千代署は23日、保護責任者遺棄の疑いで自称八千代市大和田新田、飲食店従業員、大越悠莉奈容疑者(25)を逮捕した。次女は市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。八千代市消防本部によると、死因は熱中症とみられる。同署は今後、司法解剖して詳しい死因を特定する方針。

 逮捕容疑は、22日午前10時10分ごろから同40分ごろの約30分間、車内に次女の三桜音ちゃんを放置した疑い。

 同署によると、大越容疑者は逮捕後、黙秘している。逮捕前の説明では、仕事を終えて長女(3)と三桜音ちゃんと車で帰宅し、3時間ほど車内で眠ったという。その後、長女を自宅に連れて行き、着替えなどをして車へ戻ると、三桜音ちゃんがぐったりしていたという。大越容疑者が「1歳の女児が車内にいたが、意識、呼吸がない」などと119番通報した。

 気象庁によると、八千代市から近い千葉市は22日朝から気温が上昇。午前11時までに30度以上の真夏日に達していた。


  • LINEで送る