死亡男性の元妻殺害疑い 男再逮捕へ、母も関与か 船橋放火殺人

火災のあった渡辺さんの住宅=4日、船橋市
火災のあった渡辺さんの住宅=4日、船橋市

 船橋市で4月に会社役員男性宅に火を付け男性を殺害したとして、殺人と現住建造物等放火の疑いで元親族の一倉大悟容疑者(30)が逮捕された事件で、男性の元妻で伯母にあたる60代女性も殺害した疑いが強まったとして千葉県警が近く、殺人容疑で一倉容疑者を再逮捕する方針を固めたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。女性の妹にあたる容疑者の母親(60)も殺害に関与したとして、県警は同容疑で逮捕する方針。

 一倉容疑者と母親は共謀し4月下旬、市川市内の女性宅で、女性を殺害した疑いが持たれている。女性は4月23日、自宅で死亡しているのが見つかっていた。

 一倉容疑者は2日後の4月25日、船橋市本中山3の会社役員、渡辺和彦さん(65)宅に火を付け、渡辺さんを殺害した疑いで、6月4日に県警に逮捕された。

 県警は市川署に船橋署と合同の捜査本部を設置しており、それぞれの事件の経緯や動機を調べている。


  • LINEで送る