【新型コロナ詳報】千葉県内450人感染、3人死亡 初の400人超、3日連続最多更新

千葉日報社
千葉日報社

 千葉県内で7日、新型コロナウイルスに感染した3人の死亡と450人の感染が判明した。初めて400人を超えた。一日の感染者数としては6日の310人を上回り、3日連続で過去最多を更新した。県は6日に発表した群馬県の30代男性1人について、医療機関から発生取り下げがあったとし、県内の死者は累計131人、感染者は1万2898人となった。

 県によると、亡くなった3人は、60代と80代の男性、年代や性別を公表していない1人。3人とも居住地は非公表。

 県は10歳未満から90代以上の男女309人の感染を発表した。松戸市の70代男女2人が重症。7日午後1時現在で県内の重症者は25人に達し、過去最多となった。

 船橋市は、10歳未満から80代までの46人の感染を発表。全員が軽症か無症状。20代以下が19人を占めた。37人が市内居住。同市は出先機関勤務の職員1人の感染も明らかにした。内部事務担当で、市民との接触はない。濃厚接触者の同僚1人を検査する。

 柏市は、市内に住む10歳未満~90代の男女38人が感染したと発表した。いずれも軽症か症状がない。市立風早南部小の女子児童は父親の感染が判明済み。同校で濃厚接触者に当たる児童や教職員はおらず、休校はしない。

 千葉市は、57人の感染を発表した。いずれも市内に居住し同じ職場に勤務する40代と30代の女性医療従事者2人の感染が判明。

 7日に県内で感染が判明した人の居住地は▽千葉市、船橋市が各47人▽柏市45人▽市川市38人▽八千代市36人▽習志野市34人▽松戸市33人▽流山市20人▽市原市、鎌ケ谷市が各14人▽野田市13人▽浦安市、成田市が各10人▽木更津市、白井市が各8人▽佐倉市、袖ケ浦市が各7人▽我孫子市、大網白里市が各6人▽印西市5人▽富里市、東金市が各4人▽香取市、茂原市、山武市が各3人▽四街道市、八街市、君津市が各2人▽南房総市、勝浦市、旭市、匝瑳市、富津市、鴨川市、多古町、神崎町、九十九里町、一宮町、栄町、酒々井町、横芝光町が各1人▽県外6人だった。


  • LINEで送る