【新型コロナ詳報】千葉県内82人感染 3人肺炎、佐倉の保育園で新たに2人

 千葉県内で3日、新たに82人の新型コロナウイルスの感染が確認された。このうち3人は肺炎の症状がある。クラスター(感染者集団)が発生した佐倉市山王の認可保育園「さくら敬愛保育園」で、新たに園児2人の感染が判明。同園の感染者は計9人になった。

 船橋市は、10代~70代の13人の感染を発表。市保健所によると、高校生1人を含む6人は同居家族の感染が判明していた。少なくとも3人は感染経路が不明。

 一方、市保健所は、市内の物流倉庫業事業所と冷凍・冷蔵倉庫で10~11月に起きた3件の集団感染がいずれも終息したと判断した。重症者はおらず、2週間以上、新規感染が出ていない。ただ、このうち106人が感染した「デイリートランスポート」では検査対象915人の一部54人の検査ができていない。連絡が取れないという。

 県は10歳未満~90代以上の男女56人の感染を発表。このうち、匝瑳市に住む40代女性会社員ら3人は肺炎の症状がある。

 クラスターが発生した「さくら敬愛保育園」で、新たに判明した園児2人は無症状。園内で園児の感染は初めて。在籍する園児67人のうち59人は陰性、6人は結果待ち。

 鴨川市では10代と20代のいずれも女子専門学校生の感染も判明。同校ではこれまでに2人の感染が分かっている。全ての生徒と職員を対象に検査を行う。

 千葉市は、10代~60代の市内に住む男女6人の感染を発表。30代の女性幼稚園教諭は発症する前日に出勤しており、市は濃厚接触者の有無を調べている。

 柏市は、10代~70代の市内居住7人の感染を発表。いずれも軽症か無症状。

 市によると、10代の男子学生は市立柏第二中生徒。家族の感染が判明済み。

 また、県は11月30日に発表した市川市の60代無職男性1人の感染を取り下げた。県内病院で抗原検査を受け陽性となったが、12月2日に行ったPCR検査で陰性だった。

 3日に県内で感染が確認された人の居住地は▽船橋市12人▽松戸市、市川市が各11人▽千葉市と柏市が各7人▽我孫子市5人▽浦安市、習志野市、流山市が各4人▽佐倉市3人▽野田市、成田市、鴨川市が各2人▽八千代市、市原市、鎌ケ谷市、木更津市、富里市、袖ケ浦市、匝瑳市、山武市が各1人。


  • LINEで送る