2020夏季千葉県高等学校野球大会
新型コロナウイルス情報

割り込み男、注意され切りつけ 佐倉のテークアウト販売、男性客軽傷

 新型コロナウイルス対策としてテークアウト販売中の店舗前で客を包丁で切り付けたとして、佐倉署が傷害の疑いで佐倉市の自称無職の男(50)を現行犯逮捕していたことが10日までに、捜査関係者などへの取材で分かった。逮捕は9日付。客は軽傷で命に別条はないという。千葉県警は詳しい動機などを調べている。

 千葉県警などによると、男は9日午後0時50分ごろ、国道296号沿いにある同市上座の飲食店のキッチンカー前で、テークアウト販売に並んでいた男性客(38)の腹部を持っていた包丁で切り付け、軽いけがをさせた疑い。男は「並び方を指摘されて憤慨した」と容疑を認めているという。店が110番通報した。

 同店などによると、当時数人がカレーなどを求めて並んでいたが、男は列に割り込んで一番前に並んだり、大声で「商品を安くしろよ」などと繰り返したため、店主男性(41)が注意。男はいったん、その場から立ち去ったが、約10分後に包丁を手に戻ってきて、「ぶっ殺してやる」などと客を切り付けたという。

 男は酔った様子で、戻ってきた際、母親と思われる高齢女性も近くにいた。女性は店主に「(男は)仕事がなくてイライラしているんです」と謝ったという。

 店主は取材に「もし、小さな子どもがいて、巻き込まれでもしたかと思うと、ぞっとする」と憤った。


  • LINEで送る