下級生にわいせつ行為強要 SNS投稿、暴行も 日体大柏高ラグビー部

 日体大柏高校(柏市)のラグビー部内で、3年生が2年生に対しわいせつな行為を強要し、撮影した動画を会員制交流サイト(SNS)に投稿するなどのいじめを行っていたことが9日、千葉日報社の取材で分かった。3年生は学校から個別指導を受けており、同部は「反省指導中」として活動を自粛しているという。

 同校によると、今年の夏合宿中、3年生の部員が2年生1人に対してわいせつな行為をするよう強要。その様子を他の部員約30人が撮影し、SNSに投稿した。映像は約30分後に削除したという。

 また9月には、この3年生が同じ2年生に対し土下座をさせた上で、「お前は俺の下僕だ」と言い、殴るなどの暴行をしたという。この様子も一時、SNSに投稿したという。

 伊藤彰洋副校長は取材に対し「いじめに該当する行為」とした上で、2年生部員には「二度と同じような事を起こさないよう対応したい」と謝罪したという。

 同校ラグビー部は、今月18日に第99回全国高校ラグビー県大会の初戦を控えている。


  • LINEで送る