無免許でひき逃げ容疑 千葉北署

 千葉北署は26日、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで自称茨城県神栖市土合西4、会社員、上代蓮容疑者(21)を逮捕した。「やっていない。知らない」と否認しているという。

 逮捕容疑は、昨年6月27日午後6時10分ごろ、千葉市花見川区さつきが丘2の市道丁字路交差点付近で、無免許で乗用車を運転。信号待ちで止まっていた乗用車に追突し、乗車していた同区の女性看護師(39)と娘(3)に首の捻挫の軽傷を負わせて逃げた疑い。

 同署によると、被害に遭った女性が110番通報。女性が覚えていた車のナンバーや周囲の防犯カメラの映像などから上代容疑者が浮上した。上代容疑者は当時、3カ月の免許停止処分中だった。


  • LINEで送る