軽トラに挟まれ女性死亡 富津、夫が運転操作ミスか

  • LINEで送る

 11日午後0時10分ごろ、富津市前久保にある山林内で、伐採した草を処理する作業をしていたとみられる女性(77)=君津市下湯江=が、後退して来た軽トラックと複数の木の間に挟まれた。女性は骨盤を骨折するなどし、搬送先の病院で死亡が確認された。

 軽トラックを運転していた自称農業の夫(77)=同市下湯江=が何らかの操作ミスをしたとみて、富津署が詳しい原因を調べている。

 同署によると、夫婦は近くの畑で農業を行っており、伐採した草を事故現場まで軽トラを使い運んでいたとみられる。女性が挟まれた木が生えている地面は、くぼみになっており傾斜があるという。