虐待ほう助、母猶予刑 千葉地裁判決、夫の支配逆らえず 野田小4死亡

  • LINEで送る

 野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が1月、自宅浴室で死亡した虐待事件で、父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の暴行を制止しなかったとして、傷害ほう助罪に問われた母親のなぎさ被告(32)の判決公判が26日、千葉地裁で開かれた。小池健治裁判長は「長女を守るべき義務を怠り、非難は免れないが、夫の支配的言動の影響で逆らうのが難しくなっていたことは否定できない」として懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 公判では事実関係に争いはなく、勇一郎被告から受けたドメスティックバイオレンス(DV)の影響が焦点となった。弁護側は「支配下に置かれ逆らえなかった」と主張。検察側は心愛さんへの不満があったとして「虐待を容認していた」と指摘した。

 判決で小池裁判長は、心愛さんが死亡する直前にあった虐待を「ほぼ2日間にわたる執よう、非情なもの」と非難。なぎさ被告については「救いの手を差し伸べられる唯一の監護者であり、一連の行為を認識していたのに放置し、虐待を容易にした」と断じた。

 一方、DVの影響では、精神的脆弱(ぜいじゃく)で他人の意見に迎合しやすい傾向や相談相手がいない孤立的な立場により、「支配的言動を重ねる夫の意向にあらがうのが困難な状況に陥っていた」と認定。心愛さんを傷つけるのを積極的に望んでいなかった点なども踏まえ、「社会の中で更生の道を歩ませる余地がある」と結論づけた。

 判決によると、心愛さんが1月24日に死亡する2日前から、勇一郎被告が心愛さんを自宅居間や浴室で立たせ続け、冷水シャワーを浴びせるなどの暴行を加え、強いストレスや飢餓による衰弱状態にさせたとされる際、勇一郎被告の指示で食事を与えないなど犯行を手助けした。

 勇一郎被告を巡っては、争点を整理する第1回公判前整理手続きが21日に開かれている。次回は7月24日を予定。裁判員裁判による初公判は数カ月先の見込みとなっている。