はねられ小3女児重傷 無免許疑い バイクの16歳逮捕 市川の横断歩道

  • LINEで送る

 無免許でバイクを運転し、横断歩道を渡っていた小学3年の女児(8)をはねて重傷を負わせたとして、市川署は24日、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の疑いで、東京都江戸川区の自称通信制高校2年の男子生徒(16)を逮捕した。

 逮捕容疑は23日午後2時40分ごろ、市川市東菅野2の県道で、無免許でバイク(125cc)を運転し、下校中に横断歩道を歩いて渡っていた女児=同市=をはね、左足首などに全治2カ月のけがをさせた疑い。同署によると、容疑を認めている。

 現場は私立昭和学院中学・高校の近くの片側1車線の直線道路で、押しボタン式の歩行者用信号機が設置された横断歩道。男子生徒のバイクが赤信号で停止していた車を右脇から追い越し女児をはねる様子が目撃されている。ほかにも児童が横断していたが無事だった。

 女児は右側からバイクにはねられ「青信号だったので渡った」と話している。同署は男子生徒が信号無視をした可能性があるとみて捜査している。

 男子生徒は運転免許を取得したことがなく、友人から借りたバイクを返しに行く途中だった。女児をはねて転倒し、けがはなかったが腹痛を訴えたため市内の病院に搬送され、24日になって同署が逮捕した。近くにいた女性が110番通報した。