バス来ない…運転手出勤せず 君津市で始発欠便

  • LINEで送る

 君津市は8日、コミュニティーバス中島・豊英線で、運転手が出勤しなかったため、3日の上下始発2便が欠便したと発表した。乗客1人に影響が出た。市は、運行事業者の丸増商事(同市)に聞き取りを行うなどして原因を調べている。

 市企画政策課によると、3日午前7時20分粟倉発の上り始発便と、同じバスと運転手が接続運行する同7時50分鈴木病院前発の下り始発便が欠便した。この影響で別の1便に10~15分の遅れが生じた。

 粟倉バス停で乗車しようとした男性から「バスが来ない」と市に連絡があり発覚。丸増商事は「勤務連絡の不徹底があった」などと市に説明しているという。

 同社は、市から業務委託を受け2012年度から同線を運行しており、昨年9月にも終点まで行かず途中で待機所に戻る不適切運行があった。市は対応策を検討中で、「市民の信頼を裏切る結果となり、心よりおわび申し上げる」としている。