近藤六段B級2組へ 昇級、昇段果たす 将棋順位戦

  • LINEで送る

 将棋の第77期名人戦順位戦C級1組最終戦は5日、東京都と大阪市の将棋会館で指され、最年少プロの藤井聡太七段(16)と、師匠の杉本昌隆八段(50)の同時昇級はならなかった。B級2組へ杉本八段は昇級したが、藤井七段は逃し、32年ぶりの快挙を達成できなかった。もう一つのB級2組の昇級枠は、八千代市出身の近藤誠也五段(22)がつかみ、規定により5日付で六段に昇段した。

 杉本八段は千葉幸生七段(40)、藤井七段も都成竜馬五段(29)に勝って共に対戦成績を9勝1敗とした。B級2組への昇級枠は2人で、同じ1敗だった近藤五段が勝利したため、前期の成績により近藤五段と杉本八段が昇級を決めた。

 順位戦は最上位のA級からC級2組まで5クラスあり、A級の優勝者が名人挑戦者となる。C級1組は各10局を戦った。