放火容疑で派遣社員逮捕 八千代、物流倉庫1棟全焼

  • LINEで送る

全焼した倉庫=4日午後、八千代市大和田新田
全焼した倉庫=4日午後、八千代市大和田新田

 八千代市大和田新田686の3の商社「あらた」の首都圏支社関東物流センターの倉庫で3日午前9時45分ごろ、鉄骨平屋建て倉庫約600平方メートルを全焼し、隣接する倉庫の一部も焼いた。けが人はいなかった。八千代署は同日、非現住建造物放火の疑いで、センターで勤務していた派遣社員、前田翼容疑者(29)=同市ゆりのき台7=を逮捕した。

 同センターはドラッグストア大手ツルハホールディングス(札幌市)の物流拠点。ツルハによると、焼けたのは別棟の倉庫1棟で「業務に支障はない」としている。

 逮捕容疑は同時刻ごろ、倉庫や保管されていた洗剤や紙おむつの商品などに火を付け焼いた疑い。

 同署によると、出火直前に倉庫の出入りをしていたのは容疑者だけだったことなどから事情を聴いたところ容疑を認め、「ライターで火を付けた」と供述しているという。

 現場は東葉高速鉄道八千代中央駅から北西約1キロの工業団地の一角。