看板に車衝突高齢男性死亡 九十九里、単独事故か

  • LINEで送る

 17日午前11時5分ごろ、九十九里町片貝の町道で、乗用車が道路脇の看板にぶつかって止まっているのを通行人が見つけ119番通報した。運転席に1人でいた70代ぐらいの男性は意識がないまま搬送先の病院で死亡が確認された。東金署は単独事故とみて男性の身元や詳しい状況を調べている。

 同署によると、車はエンジンがかかった状態だった。男性に目立った外傷はなく、運転中の体調悪化の可能性も調べる。現場はセンターラインのない幅4メートルの直線で車は進行方向左側の看板にぶつかっていた。