元三井住友銀の女 不正送金で再逮捕 千葉県警

  • LINEで送る

 三井住友銀行の主任だった女が不正に送金するなどした事件で、千葉県警捜査2課は28日、電子計算機使用詐欺と窃盗の疑いで松戸市幸谷、無職、橘高ゆかり容疑者(35)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、同銀行新松戸出張所(松戸市新松戸2)の主任だった2011年5~7月、5回にわたり同出張所のオンライン端末機を操作し、3口座に計約1142万円を不正に送金して搾取。また、顧客の6口座から5回にわたり勝手に現金を払い戻し、計約224万円を盗んだとしている。

 橘高容疑者は外国為替証拠金取引(FX)や借金の返済などに金を使っていたとみられる。同様の手口で計約1800万円を搾取、盗んだとして千葉地検が27日、電子計算機使用詐欺と窃盗の罪で起訴している。