3等陸佐を停職3日 陸自習志野駐屯地

  • LINEで送る

 船橋市の陸上自衛隊習志野駐屯地は27日、男性隊員に暴行したとして、40代の男性3等陸佐を停職3日の懲戒処分にしたと発表した。

 同駐屯地によると、3等陸佐は昨年12月6日、駐屯地内の食堂で、男性隊員を殴って体をテーブルに押し付けるなど暴行。小指を骨折する全治1カ月のけがを負わせた。3等陸佐は男性隊員との会話で、自身の所属する部隊を侮辱されたと思い込み、トラブルになったという。

 同空挺団長の兒玉恭幸陸将補は「今後このような事案が発生しないよう、さらに隊員に対する服務指導、教育を徹底する」とコメントを発表した。