粗大ごみから50万円 八千代市清掃センター

  • 0
  • LINEで送る

 八千代市清掃センター(同市上高野)は29日、粗大ごみから現金約50万円が見つかったと発表した。同センターは同日、拾得物として八千代署に届けた。

 同センターによると28日、委託業者の男性社員が、市民が持ち込んだ粗大ごみをセンター内の粗大ごみの降ろし場で分別作業していて見つけたという。

 同センターでは、2015年1月にもごみの中から現金20万円が、また06年8月にはごみ処理施設で約500万円が見つかっており、いずれも同署に届けたが持ち主は見つからず、市の収入になった。