京葉道でひかれ死亡 女性歩いて立ち入りか 千葉市

  • LINEで送る

 2日午前5時半ごろ、千葉市中央区宮崎町の京葉道路上り線松ケ丘インターチェンジ(IC)付近で、通行車の男性から「20~30代ぐらいの女性が、中央分離帯付近を歩いている」と110番通報があった。

 駆け付けた県警高速隊員が現場で遺体を発見。ほかにけが人はなかった。同隊は遺体は女性で、複数の車にひかれたとみて、身元確認を進めるとともに、自動車専用道路に入り込んだ経緯を調べている。

 同隊によると、事故の直前に同IC近くの料金所で、収受員が千鳥足で道路内に侵入していく女性を目撃。その後、通行車から「車のミラーが歩行者に当たったようだ」「何かを踏んでしまった」などの通報が相次いだ。同隊は、乗用車や大型トレーラーなど計4台以上が道路に侵入した歩行者と衝突したとみている。

 ネクスコ東日本によると、現場は片側2車線の直線。事故で、同道路上り線蘇我IC-松ケ丘IC間が約7時間にわたって通行止めとなった。