千葉、船橋で連続通り魔 路上で刺され女性2人けが 県警、男を聴取

  • LINEで送る

 23日午後5時すぎ、千葉市中央区弁天2の路上で、同級生と歩いていた中学3年の女子生徒(14)=同区=が、後ろから来た自転車の男に追い抜きざま、刃物のようなもので刺された。女子生徒は腹に重傷。その約1時間35分後には、船橋市前原西7の路上で、大学1年の女子学生(19)=同市=も同様の手口で刺された。女子学生は腰にけが。県警は同一犯による連続通り魔事件として捜査。県警は同日夜、新京成新津田沼駅近くで特徴の似た男を職務質問、任意で事情を聴いている。

 県警によると、女子生徒が刺された現場はJR千葉駅と千葉公園の間の路上で、刺された女子生徒は制服姿で千葉駅方向に向かって歩いていた。男は自転車に乗ったまま女子生徒を刺し、千葉駅方向へ逃走した。女子生徒は腹に深さ約5センチ、幅約2センチの4針を縫う全治約1カ月の重傷を負ったが、命に別条はないという。

 千葉中央署によると、男は30~40代ぐらいで体格は太め。青いTシャツに黒い短パン姿だった。

 午後6時35分ごろには、自宅から新京成前原駅に向かう途中だった女子学生が、同様の手口で腰を刺された。病院に搬送されたが、意識ははっきりしているという。船橋東署によると、犯人は自転車を使い、青いTシャツを着ていた。

 千葉市の事件で午後5時1分ごろに119番したという千葉市中央区の会社員男性(29)は「もう1人の女子生徒が刺された女子生徒のわき腹を押さえながら『助けてください』と叫んでいた」と話した。

 2人の子どもと駅前に買い物に来ていたという同区の主婦(31)は「よく通る道なので、子どもを一人で歩かせるのが怖い」と話していた。

 船橋市の事件で、新津田沼駅前にあるスーパーの従業員男性(20)は「午後7時ごろに駅前にパトカーが4、5台止まっているのに気付いた。特に騒ぎの音は聞こえなかった」と話した。