2020夏季千葉県高等学校野球大会

銚子・九十九里沖 スズキが基準値超 すでに出荷自粛

 県は18日、銚子・九十九里沖のスズキから、国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える同130ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。同沖のスズキはすでに出荷自粛されており、市場には流通していない。県内産海水魚が基準値を超えるのは初めて。

 県水産課によると、基準値を超えたのは14日に水深30メートルで漁獲されたスズキ。同沖のスズキは、昨年12月中旬の検査で60ベクレルが検出され、同15日から生産者が自主的に出荷を自粛していた。


  • LINEで送る