【調査】「千葉県内のおすすめ観光施設は?」千葉日報がオンライン会員にアンケート、1位は「迫力満点」の場所!?【1~10位ランキング発表】

「千葉のおすすめ観光施設」千葉日報オンライン会員が選んだのは…
「千葉のおすすめ観光施設」千葉日報オンライン会員が選んだのは…

 新型コロナウイルスの感染状況が落ち着きを見せる中、身近な観光地への関心が高まっています。千葉日報社では「千葉県内のおすすめの観光施設」についてニュースサイト「千葉日報オンライン」の有料会員を対象にアンケート調査を実施しました。1位に選ばれたのは、迫力満点のショーが見られる「あの」人気施設でした。
(デジタル編集部)

 アンケートは、地元の話題に敏感な「千葉日報オンライン」の有料会員を対象に実施。県内の有名観光施設を、複数選択制で選んでもらいました。

第3位:マザー牧場(富津市) 46ポイント

 羊や牛、馬などたくさんの動物たちがいて、乳搾りや餌やりが体験できるマザー牧場(富津市)が3位にランクイン。四季折々の花々やイルミネーションが人々の目を楽しませているほか、お肉や牛乳といったグルメも人気です。今年6月には気軽にキャンプが楽しめるグランピング施設がオープン。コロナ禍でアウトドアブームが高まる中、関心を集めています。

第2位:東京ディズニーランド・シー(浦安市) 50ポイント

 第2位は、言わずと知れた観光名所「東京ディズニーランド・シー」となりました。「東京ディズニーリゾート」は、県内で最も観光入込客数を集めている人気観光地です(延べ人数・2020年県発表)。今年が開園20周年のディズニーシーでは、記念イベント「タイム・トゥ・シャイン!」も実施中。リニューアルした水上ショーが、ゲストを新たな“海の冒険”へといざないます。

第1位:鴨川シーワールド(鴨川市) 59ポイント

 大人気の東京ディズニーランド・シーを抑え、会員から最も票を集めたのは、県内最大規模とされる水族館「鴨川シーワールド」(鴨川市)でした。アシカやイルカ、シャチなどが見られるだけでなく、海獣たちの迫力満点のショーが人気を集めています。9月には今夏生まれたシロイルカ「ベルーガ」の赤ちゃんが公開され、かわいらしい姿が話題となりました。

 各地の観光施設では、感染対策を実施しながら観光客を迎えて入れいます。県内では新型コロナの新規感染が落ち着いてきているとも言われますが、基本的な感染防止対策を守って楽しく観光したいですね。

◇ランキング(1~10位)

【1位】鴨川シーワールド(鴨川市) 59ポイント

【2位】東京ディズニーランド・シー(浦安市) 50ポイント

【3位】マザー牧場(富津市) 46ポイント

【4位】成田山新勝寺(成田市) 39ポイント

【5位】犬吠埼灯台(銚子市) 35ポイント

【6位】東京ドイツ村(袖ケ浦市) 33ポイント

【7位】佐原の町並み・伊能忠敬記念館(香取市) 30ポイント

【8位】ふなばしアンデルセン公園(船橋市) 27ポイント

【9位】海ほたる(木更津市) 23ポイント

【10位】千葉ポートタワー(千葉市) 16ポイント


  • LINEで送る