地域マイクログリッド構築 防災と再エネ活用を両立 次世代まちづくりの一助に 【ちば最前線】

 いすみ市内で再生可能エネルギーを活用した電力供給の取り組みが動き出した。災害などの停電時に既存の配電網から独立して電力を確保する「地域マイクログリッド(MG)」を構築する。民間企業が手掛け、2023年2月の運用開始を目指す。防災力が高まるだけでなく、脱炭素やエネルギー効率化、産業創 ・・・

【残り 1265文字】



  • LINEで送る