桜、雪、27の大多喜城 県立中央博分館で写真展

 大多喜城と四季をテーマにした写真展=大多喜町
大多喜城と四季をテーマにした写真展=大多喜町

 「大多喜城の四季」と題した写真展が、大多喜町の県立中央博物館大多喜城分館で開かれている。満開の桜や雪化粧など季節の移ろいとともに、城が多彩な表情を見せる様子を訪れた人が楽しんでいる。13日まで。

 大多喜城と周辺の景観美を再発見してもらおうと企画され、地元や周辺市町村を中心に寄せられた27点の応募作品(四つ切りサイズなど)を展示した。

 天守閣をイメージした白亜の建造物の大多喜城は、県内でも地域のシンボルとして親しまれる城の一つ。写真展では、この存在感ある城をカメラのファインダーに入れた上、季節ごとに周辺を彩る桜や梅の花、こいのぼり、雪などのワンポイントを加えて切り取った作品がずらり。


  • LINEで送る