「月の沙漠」に彩り 砂浜に月見草が開花 御宿

砂浜を彩る月見草
砂浜を彩る月見草
砂浜を彩る月見草
砂浜を彩る月見草

 御宿海岸(千葉県御宿町)にある月の沙漠記念公園で、月見草(オオマツヨイグサ)が黄色い花を咲かせ、白い砂浜に彩りを添えている。

 地元の団体などが1988年から植栽している。毎年この時期に日が落ちてから翌早朝まで、童謡「月の沙漠」に登場するラクダに乗った王子と姫の銅像を見守るように開花する。

 同海岸がモデルとされる「月の沙漠」。海岸通りには作者の加藤まさをの詩が刻まれた複数のプレートが設置され、「月見草の花が揺れて―」との一節がある。


  • LINEで送る